オープンソース顧客管理CRM 『SugarCRM』 のインストール

  • 投稿日 : 2009-06-30, 08:39
  • 最終更新日時 : 2010-12-21 17:27:46(履歴)
  • タグ(
  • カテゴリ(Weblog
  • 記し人(luvsic[PDF]
  • 閲覧数(2558)

SugarCRM』、ZeRoさんから教えてもらった、オープンソースの顧客管理CRM。サーバへのインストール型で、ソフトウェアとは違うけど「ネット環境でどこからでもアクセスできる」、「複数人のユーザで利用が可能」、「フリー:無料。だけど高機能なモジュールのついた有料版もあるよ」というのが売りらしい。

インストールしたSugarCRMのトップページ

で、Xreaで試してみたらインストールできた。
以下の手順を踏む



(1)SugarCRMをダウンロード
現時点での最新版は『SugarCE Full 5.2.0e Ja.zip』。
『SugarCE Upgrade 5.0.0i Ja to 5.2.0e Ja.zip』とかはアップグレード用ファイル

(2)SugarCRMのファイルをサーバに転送
6000個以上のファイル群なので気長にアップロード。
転送の際は『*.php』なファイルをパーミッション755に。

(3)セッション保存用のディレクトリを作成する必要がある。
『tmp』という名のフォルダを作成し、『index.php』、『install.php』の
両方のファイル、各3行目(コメントアウトの前)に次のようなコードを挿入してアップロード。

ini_set('session.save_path','/virtual/XreaUserName/public_html/example.com/tmp/');

(4)Xreaでは PHPは Safe Mode で動くので、これをCGIとして動かすため
.htaccessに次のようなコードを追加してアップロード。

addhandler application/x-httpd-phpcgi .php

(5)アップロード完了後、『config.php』のパーミッションを777に。

(6)『http://<サーバ名>//index.php』
にブラウザでアクセス。画面の一番下などにエラーが出てないか確認する。

SugarCRM インストールでのデータベース設定画面

「データベースにデモデータを追加しますか?」にチェックを入れると、インストールしてすぐに、それぞれのカテゴリー(取引先、担当者データなど)を60件とか200件とか適当な感じに入れることができる。文字化けチェックなどをしたい方にオススメ。

(7)インストール完了後、『config.php』のパーミッションを444に。

とりあえず、メールは使えないみたいだ。
よくわからないけど。

システム整合性確認プロセス

この設定・インストール方法で、しばらく様子をみることにする。

[参考ページ]

Skooler Records

No comments yet

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%37%31%33%62%34%32%34%37%32%63%62%39%39%35%30%30%36%37%31%63%62%65%34%65%36%61%37%66%61%30%32%37%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%36%36%38%31%64%32%34%65%36%39%38%38%62%61%34%30%31%66%66%33%62%65%37%61%30%38%62%34%36%33%39%22%3e
© 2006 – 2018 by Luvsic. Some rights reserved.